職業相談

求人票に関する問い合わせや相談ができる

ハローワークの求人で就職活動を行う場合、窓口の相談員の方と接触を持つことになります。具体的には、求人票に関する問い合わせや紹介状の発行というのが考えられます。

かつて、こういった業務は、利用者がハローワークに行ったときにたまたま窓口にいる相談員が対応するという形でしたが、雇用状況の変化に伴い、専任制というものが生まれました。一人の利用者に特定の相談員が対応するというものです。相談員一人当たりの担当利用者の数の上限もあるので、希望すれば、だれでもハローワークの専任相談員がつくというものではありません。

専任制の利点はいつも同じ方が継続的に支援をしてくださるので、経過を追って話さなければならない相談事は説明が省けます。また、状況によって新しい求人について電話連絡をしてくれたり、履歴書チェックなどもしてもらえます。

さらに、場合によっては面接のアドバイスも細かくしてもらえるそうです。ハローワーク求人の応募者の場合、面接結果でどこが悪かったか簡単なコメントがハローワークに届きます。面接官がどうみていたかの情報が得られます。

ハローワークの利用は無料なので、有効に活用したいものです。